元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは〜症状と改善〜

自律神経とは?

外部からの情報や状況に合わせて、汗をかいたり、呼吸をしたり、意識して行うのではなく自動的に働いてしまう神経のことです。
つまり自動的に体を適応(コントロール)していく神経です。
自律神経は活動する神経といわれる『交感神経』と、休む神経といわれる『副交感神経』の二つがあり、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。
身体を整える役目の神経なので、外部の状況・刺激(ストレスなど)にとても敏感に反応するため、少しの刺激・継続的な刺激により身体にも変化が表れやすいのです。

交感神経とは

「交感神経」は、起きて活動している時に働く神経です。働いたり、勉強したり、緊張していたりストレスがある時も優位に働きます。
交感神経は、神経伝達物質であるアドレナリンやノルアドレナリンが交感神経に作用することで身体が興奮状態になると考えられています。

副交感神経とは

「副交感神経」は、リラックスした状態のとき、寝ている時などに優位に働く神経です。
神経伝達物質のアセチルコリンが副交感神経に作用することで胃酸分泌の促進や唾液分泌の増加、心機能を抑制して落ち着いた気持ちになると考えられています。

この2つの神経は正反対の働きをします。
例えば、日中趣味のサッカーの試合で緊張感のあるなか思いきり体を動かし、
夜は身体を休める(疲労回復)ために熟睡して翌朝はスッキリ起きて疲労回復出来るのは、自律神経がバランスよく働いている(コントロールできている)証拠です。

自律神経失調症とは

ハッキリとした身体の病気がなく精神的な影響(ストレス)などにより、自律神経症状が体に出る状態のことです。
不規則な生活や習慣によって、自律神経のバランスが乱れ、身体に様々な不調がでてきます。

※ストレスが続くと自律神経症状が出てきます。

自律神経失調症は、男性・女性どちらがなりやすい?

自律神経失調症は男性、女性の性別を問わず、誰でもなってしまう可能性がある病気です。
しかし、女性ホルモンのバランスによる影響を受けやすいため、女性に多い病気といわれています。
男性の場合、思春期までに男性ホルモンの分泌が多くなりますが、以降は比較的安定しますが、
女性は初潮から始まり、月経、妊娠・出産、更年期障害、閉経と長い間女性ホルモンが変化し続ける為にバランスが崩れやすいのです。
近年では、若年更年期など若い女性もホルモンのバランスで悩む方が増えています。

自律神経失調症の方にオススメのにんにくサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ

関連記事