元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

むくみが原因で損してませんか?簡単むくみ解消法!

女性の大敵!むくみでお悩みの方へ〜むくみの正しい対策〜

むくみとは

むくみは血液の流れと深く結びついています!
心臓がポンプのような働きをしており、私たちの体内に流れる血液に通して水分や栄養分を運ぶ役割をしています。
同時に、細胞内で不要となった水分が体内を循環する際に、上手く流れずに戻るはずだった水分が溜まっていってしまう状態が「むくみ」なのです。

むくみで損していませんか?

  • 二重にならないから目が小さく見える
  • 体調が悪くなる(頭痛、めまい、寝づらい)
  • 靴下の跡くっきり
  • 枕カバーの跡がなかなか取れない!
  • むくんだ体型で洋服のサイズが合わない
  • 肌がくすんで見える
  • 化粧ノリが悪い

むくみチェックシート

どんな人がむくみやすいの?

  • 1年中、冷たい飲み物が好き
  • 立ち仕事で長時間、同じ姿勢をする
  • スナック菓子などの高カロリー・高塩分のものをよく食べる
  • 体温が低い(36℃以下)
  • 低血圧
  • トイレを我慢しがち
  • 運動不足、運動力低下

一つでも当てあはまっている方、要注意!

むくみの原因

  • 長時間の同じ姿勢!
  • 長い時間、立っていたり座ったりすると、重力により血液は足に溜まっていきます。
    すると、血流が悪くなり、冷えやすくなり下半身のむくみや肩の凝りにつながります。

  • 運動不足と冷え症のダブルパンチによる血行不良!
  • 足の筋肉は使うことで血液を循環させるポンプの役目を果たします。
    運動不足によって足の筋肉を使わずにいると、ポンプ機能が低下してしまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。
    さらに足先まで血液が流れなくなり、冷え性や血行不良を伴う「むくみ」が起こります。

  • 飲み物やスナック菓子、カロリー・塩分の摂り過ぎ!
  • 水分や塩分を摂りすぎると血液中の水分が増えます。
    塩分は摂りすぎると血管が細く硬くなるため血流が悪くなります。(血行不良)
    それにより、余分な水分までもが溜まりやすくなり「むくみ」の原因になってしまいます。

  • 肝臓が弱ってる!?
  • 血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。
    肝臓が弱っている場合、この成分がうまく作られなくなります。
    そのため、水分が血管の外に出やすくなり、血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、「むくみ」の原因になってしまうのです。

  • 腎臓が弱ってる!?
  • 腎臓は体の余分な水分や老廃物を排出するための役割があります。
    その腎臓が何らかの原因で弱ってしまうと、身体の中の余分な水分が尿として排出されなくなり、水分が体の中に溜まったまま「むくみ」の原因になります。

  • 血液を運ぶ心臓にトラブル!?
  • 血液を送り出す役目の心臓が弱っていて、「むくみ」の原因になってしまうこともあります。

間違ったむくみ対策

水分を摂らない!

“「むくみ」は水分が溜まってしまう状態”
だからと言って水分を摂らないは間違った対策です!
便は水不足になってしまうと排泄がスムーズにいかずに便秘が生じます。
この状態が続くと、便が硬くなり腸はもちろんそのほかの内臓機能が低下、そして代謝が悪くなり、さらには水分を排出する水分代謝も低下して排出が難しくなります。
そうなってしまうと体は少しでも水分を溜め込もうとして食べ物からの少量の水分も溜め込んでしまい、それが「むくみ」の原因へ…。

水分を出すためにカリウムをたくさん摂る!

カリウムには、利尿作用があるためにむくみ対策にはとても良いと言われています!
しかし、水分排出のためにカリウムをたくさん摂取した場合に、過剰摂取による「高カリウム血症」を引き起こすと言われています。
「高カリウム血症」とは血液濃度が上がりすぎた結果、吐き気、嘔吐、下痢、脱力感などが起こり最悪の場合は死に至ることも。
また、カリウムの摂り過ぎは体重増加にも繋がることがあります。
カリウムの摂り過ぎは体の影響が大きいため、適度にしましょう!

間違ったダイエットがまさかの「むくみ」に!?

むくんだ足を細くしたいと思うあまり、食事を控えたりするだけのダイエットでは、筋肉量が落ち、足の血液を心臓に送るためのポンプ機能の低下につながります。
そのため、ダイエットが「むくみ」の原因に繋がります!

正しいむくみ対策

ストレッチやマッサージ

お風呂から上がった直後は血行が良く体が温まった状態のため、ほぐれているのでストレッチやマッサージの効果が高まります。
また、寝る前にするとリラックスした状態のため寝つきも良くなり良質な睡眠が取れるようになります。

筋肉をつけるための運動

筋肉をつけると血液の流れが良くなり、溜まった余分な水分や老廃物を排出しやすくなります。
また、足が一番心臓から遠く、むくみやすい箇所です。
足の筋肉をつけることで、足から心臓へと血液を通して余分な水分と老廃物が排出できようになります。
筋肉をつけるといっても、ジムなどの筋肉トレーニングだけではなく、ゆっくりじっくり継続できるウォーキングなどがおすすめです。
自分に合った運動を心掛けましょう。

塩分控えめの食事

  • インスタント食品や加工食品はできるだけ控えましょう!
  • 調味料を塩分量や減塩の調味料を使いましょう!
  • 味付けは薬味や柑橘系の果汁、お酢などを使いましょう!

むくみに良い栄養と食べ物

カリウム

体内の水分バランスを整え、余分な水分を排出してくれる栄養素が「カリウム」です。
さらに塩分の排泄を促すため血圧を下げる働きがあります。
食べ物…バナナ、アボカド、きゅうり、干しエビ、さわら、あおさ、わかめ、ひじき

クエン酸

代謝と血行促進や老廃物の排出のサポートに役立ちます!
クエン酸には“キレート作用”という働きがあり、老化の原因である活性酸素を防ぎ老化の防止につながります。
さらに、美容にも良いといわれ古くなった角質を取り除き新しい肌へ生まれ変わらせる働きがあり、肌のくすみの対策にも良いといわれています。
食べ物…レモン、いちご、ライム、梅干し、酢

ビタミンE

ビタミンEは、若く体を保つ「若返りビタミン」とも呼ばれるほどの強い抗酸化作用(アンチエイジング)があります。
強い抗酸化作用は活性酸素から体を守るため生活習慣病を予防する働きがあるといわれています。
美容にも良いといわれ肌の代謝を促し、皮脂の酸化を防止し、紫外線や大気汚染などによる外的刺激から肌を守る働きをしてくれます。
さらに、末梢血管を広げ、血行を良くする働きがあり体を温め、血行を促進してくれるためむくみ対策に良いといわれています。
食べ物…アーモンド、オリーブオイル、鮎(あゆ)、モロヘイヤ、鯛(たい)、いくら、たらこ、いわし

結果

食生活

塩分を控える食事(インスタントや調味料の選び方)の他にむくみに良い食べ物(ポリフェノール、ミネラル、ビタミンなど)を積極的に摂ってバランスの良い食生活を送りましょう!

生活習慣

毎日の生活を見直すことはもちろんのこと、不規則な生活は極力避けてストレッチやマッサージ、運動などを日頃の生活に取り入れて血行促進や適度に筋肉を作っていくことを心掛けましょう!

むくみに悩んでいる方にオススメのにんにくサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ
美容

ページトップへ