元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

生活習慣病の種類〜知らないと損〜

生活習慣病とは

生活習慣病とはその名の通り、日常の生活習慣がもとになって発症・進行する病気です。

以前は加齢が原因と考えられていて「成人病」と呼ばれていました。しかし、1996年に厚生労働省によって、生活習慣が乱れると子どもでも発症することがわかり、
「生活習慣病」と名称変更されました。
心筋梗塞、脳梗塞や脳出血、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの病気があります。
一つ一つが注意しなければならない病気ですが、重複すると命にかかわる危険な病気です。

日本人の約3分の2の方は生活習慣病で亡くなっており、生活習慣を改善することが健康に楽しく生きていくために大切なことなのです。
しかしながら「コレ!」という症状がなく、目に見えない状態で進行していきます。

生活習慣病の原因

生活習慣病になる原因は、日々の生活のいたるところに潜んでいます。
主な原因としては、食事・運動・飲酒・喫煙・睡眠・ストレスなどがあります。
時間をかけてゆっくりじっくり身体をむしばんでいきます。
早期発見のため、人間ドックや健康診断は毎年受けるようにして、自分の体の状態を把握しておくことがとても大事なことです。

3大生活習慣病とは

日本人の1年間の全死亡者のうち、60%以上は、生活習慣病である、がん・心臓病・脳卒中で亡くなっているといわれています。
数ある生活習慣病のうち、がん・心臓病・脳卒中を「3大生活習慣病」と呼びます。

サイレントキラーとは

生活習慣病も、多くが自覚症状が少なく(気づかない間に進行してしまう)、放っておくと脳卒中や心筋梗塞を発症するため、サイレントキラーといわれています。
代表的な病気に高血圧があります。

生活習慣病の種類

上記以外にも日ごろの生活習慣が原因で起こる病気もあります。

糖尿病

血液中の血糖値が上昇し、尿に糖が出る病気です。
糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれてしまいます。
インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。
放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

下記のような症状がでます。

  • 尿の量が多くなる(多尿)
  • のどが渇いて、水分をたくさん飲む(口渇、多飲)
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる

原因として、高カロリーな食生活(ファーストフード・揚げ物・肉類)の継続、日頃の運動不足やストレスなどがあります。

脂質異常症(高脂血症)

多くの場合、症状はないので、血液検査で初めてわかることがほとんどです。しかし、遺伝性の脂質異常症も知られています。

血中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が増加する状態を高脂血症(コレステロール値が高い症状)といいます。

高脂血症は動脈硬化の原因となります。

血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気を引き起こしかねません。

下記のような症状がでます。

家族性高コレステロール血症の方では、
肘(ひじ)や膝(ひざ)、アキレス腱の中に特徴的なコレステロールの塊がみられることがあります。
これを「黄色腫(おうしょくしゅ)」と言います。

黒目の周りに白い輪(角膜輪:かくまくりん)ができることもあります。
原因として、遺伝または一般には、高カロリー高脂肪の食事と運動不足などです。

高血圧

高血圧とは、血圧が高く維持された状態のことをいいます。
日本高血圧学会が、診療所・病院での測定で収縮期血圧が140mmHg以上かつ/もしくは拡張期血圧が90mmHg以上の場合を高血圧と定めています。
(世界のいずれのガイドラインでも同様の基準が設けられています。)
高血圧の状態が続くと動脈硬化を促進し、脳卒中、心疾患、腎臓病などの重大な病気の原因疾患となります。

高血圧は、「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されます。

  • 「一次性高血圧」は、「本態性高血圧」とも呼ばれていて、明らかな異常がないのに血圧が高くなることをいいます。
    しかし、血圧が上がる要因は明らかになっています。食塩のとりすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝的要因などがあります。
  • 「二次性高血圧」は、腎臓の病気やホルモンの異常が原因となる病気のものをいいます。これは原因となる病気が治ると、高血圧も改善していきます。

肥満・メタボリックシンドローム

肥満とは、体脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいいます。つまり脂肪が多く、標準体重より体重が重くなった状態のことです。
肥満には2つのタイプがあり

  • 皮膚のすぐ下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」
  • 内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」があります。

食事量(摂取するカロリー)が運動量(消費カロリー)を上回ると、脂肪となって蓄積され、肥満が起こりやすくなります。
肥満と生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)はとても関係が深く、これらの病気が重複して発症するメタボリックシンドロームとも、密接な関係があります。
肥満を放置していると、こうした生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたり、もろくなり、やがて動脈硬化を引き起こします。
その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。
食事・運動不足を解消することで肥満の改善につながります。

※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(内臓に過剰にたまった脂肪)で高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併症になっている状態のことをいいます。
ウエストを測ってみて診断基準をこえていたら、要注意です。

内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満と違って、外見からは分かりずらいので要注意です。
ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満かもしれません。

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管になんらかの障害が起こることによって発病するいくつかの病気を集めて、「脳卒中」と呼んでいます。
脳卒中というひとつの病気ではありません。
高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、不整脈などが主な原因となります。
大きくは脳の血管が詰まる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。

脳卒中

動脈硬化

動脈壁にコレステロールなどの脂肪がたまり、壁の膜が厚く、かたくなる状態そして弾力性を失ってしまうことを動脈硬化と言います。
動脈硬化になると、血液の流れが悪くなり、血栓が詰まって血管を完全に塞いでしまいます。
そうなると、血液をスムーズに送り出せなくなり脳や心臓に負担がかかり、臓器が正しく機能しなくなり、血管が破れやすくなります。
そうなることで様々な病気を引き起こす原因になります。
動脈硬化の主な原因は、喫煙、運動不足、肥満、高血圧、高脂血症、ストレスなどが挙げられます。

生活習慣病でお悩みの方にオススメのにんにくサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ

関連記事はこちら

健康

ページトップへ