元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

便秘でお悩みの方へ〜便秘の原因と解消方法〜

便秘悩み一覧

  • お腹が全然スッキリしない
  • お腹が痛くて冷や汗ダラダラ
  • 便秘薬を飲んでもお腹が痛いだけ
  • 便秘なのに食欲は落ちない
  • 生活リズムがちょっと崩れるだけで便秘
  • 「〇〇したら便秘治るらしい」を信じて全く治らなかった
  • 同じものを食べてる家族は快便、私は便秘

当てはまる方、いらっしゃいませんか?

便秘で起こる症状あるある

  • 肌荒れ
  • むくみ
  • イライラ
  • 肩こり・腰痛
  • だるさ・疲労感
  • 腹痛・疲労感
  • 食欲不振
  • 体重の増加
  • 体臭や口臭の悪化

便秘はお肌や精神的な悩み(自律神経の乱れ)、健康面への影響が大きく表れるので早めの対策をとりましょう。

便秘とは

毎日、排便があることが健康の証ですが、便秘は3日以上排便が困難な状態のことをいいます。
便が硬かったり、排便の回数が少なくなったり、排便してもスッキリしない状態のことです。

慢性便秘

週に2日以上排便がない状態が1ヵ月以上続く場合、慢性便秘といいます。

原因
  • 運動不足
  • 急性便秘(一過性便秘)の放置

急性便秘(一過性便秘)

短期間だけ便秘の症状が表れる場合を急性便秘といいます。
生活環境の変化や旅行などで強いストレスを感じる場合に引き起こされます。

原因
  • 環境の変化
  • 運動不足
  • ストレス

便秘原因

  • 運動不足
  • 食事の影響
  • 自分に合わないダイエット方法
  • ストレス
  • トイレを我慢しがち
  • 睡眠不足
  • 体の冷え
  • 不規則な生活習慣
  • 遺伝や体質

便秘の種類

実は、便秘には4つの種類があります。
自分の便秘タイプを把握して対策を!

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

大腸の運動の低下が原因で起こる便秘です。
特に冷え症の女性に起こりやすく要注意です。

原因
  • 運動不足
  • 水分不足
  • 食物繊維不足
  • 腹筋力の低下
  • 極端なダイエット
症状
  • おなかが張る
  • 残便感
  • 食欲低下
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • イライラ
対策

食物繊維や乳酸菌をたくさん摂りましょう。
体を冷やさないなどの生活習慣を見直すことも大事です。

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

“トイレに行きたい”という感覚が麻痺している状態です。
トイレを我慢しすぎたり、高齢の方に多いです。

対策

トイレを我慢しないことから始めましょう。

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

大腸の筋肉が緊張しすぎて、便を運ぶ機能がうまく働かなくなっている状態です。
便が異常に小さく硬い方に多いです。
さらに、便秘と下痢を繰り返す場合もあるそうです。

原因
  • 精神的ストレス
  • 環境の変化
  • 過敏性腸症候群
症状
  • 食後に腹痛
  • 排便後にスッキリしない
対策

できるだけ胃腸に負担をかけずに消化の良いものを食べることがおすすめです。
また、ストレスからくる便秘なので自分なりのストレス解消法も試してみましょう。

器質性便秘(きしつせいべんぴ)

放置してしまうと命に関わる便秘です。
胃や小腸、大腸、肛門などに疾患があり、それが原因で便秘をひきおこしている状態です。

便秘の解消方法

食生活編

  • 朝食を食べること!
  • こまめな水分補給

排便を促すためには朝食は大事です!
起床後の胃は空っぽなため、朝ご飯を食べることで寝起きの腸を刺激し排便の習慣をつけることができます。
また、体内の水分が不足すると便が硬くなってしまい、排便しづらい状態となってしまいます。
こまめに水分を摂ることで便を柔らかくしスムーズな排便を促してあげましょう!

生活編

  • 十分な睡眠を取る
  • 自分なりのストレス解消法をみつけ、実践する
  • 体を温める
  • 無理な食事制限は控えましょう!
  • トイレを我慢しない

“食後はトイレに行く”と習慣化することで、便秘予防につながります。
食事制限は、便を作るために必要な食物繊維などが不足してしまうため、無理なダイエットは避け、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。
また、ストレスによる自律神経の乱れが便秘を引き起こすこともあります。
質の良い睡眠をとることで気持ちが落ちつき(リラックス効果)ストレスを軽減させることができます。

運動編

  • お腹に刺激を与えるためにストレッチやマッサージをする
  • 日常でこまめに運動を取り入れる
  • 腹式呼吸でお腹を刺激しましょう

ストレッチやマッサージ、運動などでお腹に刺激を与え、さらに血行促進することで便秘の解消へとつながります。
腹式呼吸は、排便時にスムーズに便を排出することができるのでオススメです!

便秘に良い成分編

食物繊維(ビフィズス菌)

食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つに分けられます。
この2つとも便秘を解消する上で摂らなければならない食物繊維です。

  • 水溶性食物繊維
  • 水に溶ける食物繊維です。
    野菜類・海藻類・きのこ類・果物・イモ類に含まれ、腸内の有害物質や老廃物を排出してくれます。

  • 不溶性食物繊維
  • 水に溶けない食物繊維です。
    繊維質な野菜や穀類・豆類から摂れます。
    腸内細菌を増やし腸内環境を整えてくれます。
    この2つの食物繊維はそれぞれ役割が違いますが便秘解消には欠かせません。
    片方のみとなると便秘の症状が悪化する場合があるのでバランス良く摂ることが理想です!

マグネシウム

便秘薬に含まれる成分です。体内を通る水分を吸収し、水分を補ってくれる働きがあります。

ビタミンC

野菜や果物に多く含まれているビタミンCは便秘にも良いといわれています。
ビタミンCには、腸内細菌を増やす働きがあり乳酸菌の働きを活発にしてくれます。

乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を整える働きがあります。
腸には良い働きをする“善玉菌”と悪い働きをする“悪玉菌”の2つの細菌があります。
乳酸菌は、悪玉菌を減らし、良い働きをする善玉菌の割合を増やしてくれます。
そうすることで、腸内環境が整います。

便秘におすすめの食べ物編

  • プルーン
  • バナナ
  • りんご
  • 牛乳・ヤクルト
  • オリーブオイル
  • ココア
  • 炭酸水
  • ヨーグルト

結果

便秘は健康面、美容面、精神面などそれぞれに悪影響を及ぼします。
自分はどんな便秘なのか原因とタイプを把握して便秘を改善していきましょう!
また、無理な解消法ではなく自分にあった便秘解消法を見つけていきましょう!

便秘でお悩みの方にオススメのスッキリサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ
健康