元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

簡単肌荒れ対処方法!〜肌荒れの対策〜

肌荒れの解消方法

十分な睡眠を取る

睡眠は疲労回復のために必要不可欠です。
1日のお肌の疲れ(紫外線、乾燥、化粧など)も睡眠で回復させなければなりません。
さらに、睡眠中に美肌に必要なコラーゲンや成長ホルモンが分泌されるため十分な睡眠は大事なのです。

質のいい睡眠をとるための工夫
  • 睡眠前の2〜3時間前に体を温める(半身浴、お風呂、温かい飲み物など)
  • 寝る前はテレビやパソコン、スマホなどは触らない。(ブルーライトが睡眠の邪魔をするため)
  • 通気性の良い衣服を着ましょう
  • 寝る時は部屋の電気を点けたままではなく暗くしましょう

肌を潤す(スキンケア方法など)

間違った方法
  • お湯の温度が高い
  • こすりすぎている
  • 洗顔が長い

すべて肌への刺激につながります。(とくに乾燥の原因)

乾燥肌と脂性肌ではスキンケア方法も異なります。
スキンケアの仕方や基礎化粧品の選び方で間違えてしますとかえって逆効果になってしまいます。

乾燥性

乾燥性は刺激を受けることで常に炎症が起きている状態です。
今よりも刺激を少なくすることを心がけてみてはどうでしょう?

  • 洗顔を今よりも半分の時間にする
  • お湯洗顔をやめて水やぬるま湯に変えてみる
  • 薄化粧にしてみる(クレンジングの時間が短くなる)

さらに、内側からのケアとして水分補給がオススメです。
あたたかい飲み物などで体を温め血行促進し体全体(お肌)に栄養を行き渡らせることも大事です!

脂性

皮脂の多い状態だからこそ肌を潤すことに抵抗があることかと思います。 しかし、水分不足による皮脂の過剰な分泌なので、水分補給は大切です。 美容液などの表面のケアも大事ですが、一番は体の内側からのケアです。 こまめに水分を摂りましょう!

正しいスキンケア方法

基本的なスキンケアの順番は、乾燥性も脂性も変わりません。

  1. 洗顔
  2. 洗顔は肌の汚れを落とすことです。
    汚れが残ったままの肌では保湿をしてもニキビや肌トラブルの原因となってしまいます。
    ゴシゴシこすらないようにしましょう。

  3. 整肌
  4. 化粧水や水分補給などで肌に水分補給をすることです。
    しかし、肌を潤そうとするあまりスプレーやパックなどの外側からの保湿は、やがて水分が蒸発し乾燥が増すだけなので注意しましょう。
    内側からの保湿(水分補給)を心がけましょう!

  5. 仕上げ
  6. クリームや乳液で肌に蓋をし保湿することです。

皮膚を清潔に保つ

  • メイク道具はキレイに!
  • メイクをするためのスポンジやパフは直接肌に使うものです。
    繰り返し使うと汗や皮脂が付着し菌が増え、放っておくとものすごい数の雑菌だらけになります。

    スポンジは2日に1度洗いましょう!
    洗顔料をつけてぬるま湯でもみ洗いしたのちにぬるま湯で洗い流す洗い方がオススメです!

  • 肌をベタベタ触るクセを治す!
  • 手には様々な菌が付着しています。
    1日を通して色んな物を触るので、肌に触れすぎると吹き出物やニキビの原因となります。

  • 枕カバーは変えましょう!
  • 睡眠時は汗をかいたり、皮脂が枕カバーに付着します。
    繰り返し使うものなので溜まりにたまった汚れが肌についてしまうと清潔な肌は保てません。
    枕カバーは洗濯したり変えたりと清潔に保ちましょう!

ホルモンバランス

生理前後、出産前後はホルモンバランスが崩れやすくなりますが、気持ちに余裕を持った生活をすると徐々に安定していきますので安心してください。
様子を見ての肌状態が戻るのを待ちましょう。
肌が過敏なときに普段と違う化粧水をつけたりするのは控えましょう。

肌荒れにおすすめの食べ物

ビタミンA

皮膚細胞の働きを正常に戻し元々の肌の力を引き出す働きがあります。

うなぎ・レバー・たまご(卵黄)・モロヘイヤ・あしたば・ほうれん草など

ビタミンB

肌の再生する力を促し抵抗力を上げてくれます。

豚肉・うなぎ・しじみ・大豆・にんにくなど

ビタミンC

美白や保湿などの働きがあり抗酸化作用もあります。

いちご・レモン・ブロッコリー・モロヘイヤ・ケール・柿など

ビタミンE

ビタミン郡の中でも抗酸化作用が強く、血液や細胞の酸化を抑えてくれるので老化を遅らせてくれます。
また紫外線などの刺激から肌を守る働きや血行促進の働きで肌荒れにより傷ついたお肌を回復させることにも適しています。

アーモンド・モロヘイヤ・ケール・かぼちゃ・アボカドなど

結果

自分の肌タイプを知ることで、早めの肌荒れなどの肌トラブル対策につながります♪
また、早く治そうと無理なスキンケアはさらに肌荒れとつながります。
さまざまな道具(パックや保湿スプレーなど)を使ったケアでは一時しのぎとなり、さらなる肌トラブルへとつながります。
まずは、本来の自分の肌の再生力を促し常に綺麗な肌作りを心がけてみましょう。
そのためにはまず体内の水分補給や食べ物による改善がおすすめです♪

肌荒れ・乾燥などでお悩みの方にオススメのにんにくサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ

関連記事

美容