元気ゴーゴーとは 買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

夏バテの症状と原因〜簡単予防法ご紹介〜

夏バテ(夏ばて)とは

日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、体はかなりの負担を強いられます。
基本的に日本の高温多湿な気候は「体力を奪われる気候」でもあります。
多くの場合は、その負担に耐えられるのですが、過度に負担がかかってしまう場合があります。
人間は体の中から熱を放出するために「汗」をかきますが、その元となるには「水」が必要です。
「水」(水分)をしっかり摂り、上手に汗をかいて 体の中から熱を放出しないと(高温状態が続く)人間の体は不調をきたしてしまいます。

日本は高温多湿のため、特に夏は1日2から3リットルの汗をかきます。
この汗を補うだけの水分補給をしないと、頭痛・鼻水・ むくみなどがおき、ひどい時には下痢や嘔吐などの症状がでる場合もあります。
これが長引いたりすると、その暑さに対応することができず、 体にたまった熱を外に放出することができなくなり、熱が出たり、食欲不振、体がだるくなって胃腸の働きが弱まってきてしまいます。
このような体の状態のことを夏バテ(夏ばて)(夏の体調不良全般のこと) といいます。
体温調節機能が働かなくなって自律神経調節機能が低下することが直接的原因といわれています。

※吐き気や下痢、頭痛、めまいといった症状は、夏バテでもみられますが、熱中症の初期症状でもみられます。
※日本は湿気が多いですが、カラっとした気候のハワイでは夏バテがおきにくいといわれています。
なぜなら、湿度が低いと汗がちゃんと蒸発して、 体温の調節がうまくいきやすいからです。

夏バテの原因

暑さから・・・

  • 汗で水分を奪われる
  • 外出を控え運動不足(筋力低下)
  • 食欲不振
  • 睡眠不足(寝苦しい)
  • 食事が偏りがち
  • 冷たい物ばかり摂ってしまう(胃の調子が悪くなる)
  • 冷房の部屋で過ごすことが多い
  • シャワーだけで済ますことが多い
  • ファーストフード・レトルト食品ばかり食べている
  • ダラダラした生活を送っている(生活が乱れている)
  • 朝食を抜いている
  • 一日3食食べていない

普段の生活習慣を見直すことが何より大切です。

夏バテの原因エトセトラ

主に

の3つが大きな原因といわれています。

自律神経失調症とは

自律神経とは、外部からの情報や状況に合わせて、夏は汗をかいたり、苦しいときには自然と呼吸をしたり、意識して行うのではなく自動的に働いてしまう神経のことです。
つまり自動的に体を適応(コントロール)していく神経のことです。
私たちは暑いときには汗をかきますがこの体温調節も自律神経の働きによるものです。
しかし、涼しい部屋から暑い屋外へと移動したときに急激な温度変化についていけず、めまい・立ちくらみを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。
すぐに体が対応できればいいのですが、うまく体がコントロールできずに負担がかかってしまうと自律神経が疲れ、乱れてしまいます。

自律神経失調症とは

そういった小さな影響・精神的な影響(ストレス)などにより自律神経のバランスが崩れてしまい自律神経症状が体に出る状態のことをいいます。。

水分不足

体の約6割は水分でできています。
しかし、現代人は生活環境や生活習慣によって、慢性的な水分不足になりがちです。
夏は汗をかくため、体内の水分を失いやすく、脱水症状になって熱中症を起こす危険性が高まります。
「夜トイレに起きたくない」と、水分摂取を控えると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まります。

水分は、体内で栄養を運んだり、老廃物を排出したり、体温を調節したりとさまざまな働きをしています。
体外に排出された分は補う必要がありますので、体内の水分量を保つためには「水分を補給する」ということはとても大切です。

※コーヒーやアルコール飲料は利尿作用があるので、喉が潤ったように感じても、水分補給にはなりません。
※「喉が渇いた」と思った時にはすでに脱水症状は始まっています。

胃腸の働きの悪化

夏の暑さのせいで体の温度が高くなると、胃腸への血流が少なくなります。
また、汗を多くかくと体内の塩分が不足して、 胃酸も減ってしまいます。
この状態で冷たいジュースやアルコールを多量に摂ると、胃をこわしたり、下痢になったり、臓器の機能低下にもつながります。
胃腸の働き(内臓機能も低下)が落ちると同時に食欲が落ち十分に栄養が摂れないまま、体力・筋力も落ち、疲労が蓄積され、体調不良を起こしてしまいます。

夏バテ対策・予防

元気な方・運動している方・今まで夏バテになっていない方も要注意です

  • 気温だけでなく、湿度も確認しておく
  • 塩分や糖分を上手に摂る
  • 風通しをよくする
  • こまめに水分補給
  • 冷房は適温に設定する
  • 喉が渇く前に水分を摂る
  • 風呂上りに水分補給を
  • 炭酸飲料・アルコールは多量摂取は控える

夏バテにいい食べ物とは

ビタミンBやビタミンCを中心とする栄養素を中心に、バランス良い食生活を心がけることが大切です。

  • 梅干(クエン酸、リンゴ酸、コハク酸)
  • うなぎ(ビタミン類、DHA、EPA、ミネラルなど)
  • バナナ(食物繊維、ペクチン、オリゴ糖)
  • にんにく(アリシン)
  • 玉ねぎ(グルコキニン、酸化アリル)
  • モロヘイヤ(ミネラル、ビタミン、ムチン)
  • 豚肉(ビタミンB群の宝庫、とくにビタミンB1)
  • ゴーヤ(食物繊維、葉酸、βカロテン、カリウム)
  • オクラ(ビタミンB1、カルシウム、カロチン、ビタミンC)
  • トマト(リコピン、クエン酸、リンゴ酸)
  • 山芋(ビタミンB1,ビタミンC、カルシウム、カリウム、ムチン)
  • しじみ(オルニチン、タウリン、ビタミン)

夏バテにオススメサプリはコチラ

お得なにんにく玉定期はコチラ
健康

ページトップへ