RSS

青森産にんにく『福地ホワイト六片種』〜香りと栄養の関係!〜

青森産にんにく『福地ホワイト六片種』〜栄養豊富な理由〜

にんにく

青森産にんにくで有名な最高級にんにくブランド『福地ホワイト六片種』

  • 粒が大きい
  • きれいな白
  • コクや甘みがある
  • 糖度が高い

という特徴があり、安定した美味しさがあることで知られています。

さらにこの『福地ホワイト六片種』は、青森県ならではの寒い地域でしか栽培ができません。
『福地ホワイト六片種』には、極寒の気候と豪雪が必要不可欠だからです。

青森県の地域により積雪の量は変わります。しかし、青森県はどこの畑も冬になると雪が積もり雪景色となるのです。

厳しい寒さの中、雪の下でじっくり栄養や糖度を蓄えることで美味しく栄養豊富なにんにくとなるのです。
青森県が生んだ『福地ホワイト六片種』ならではの特別なにんにくですね♪

最高級ブランドにんにくといわれているのもうなづけます。

通常のにんにくよりも粒が多きく栄養価が高いため、にんにく成分で重要なアリシンが外国産のにんにいくよりも1.3倍以上もあることで知られています。
スーパーで売っているにんにくも良いですが、通常よりグンと栄養価が高いことで有名なのです。

他のにんにくと比べて〜お客様に喜ばれる香ばしさ〜

お客様

よく見かける中国産のにんにくですが、中国の温かい場所で育つにんにくは、粒が小さく辛味があるのが特徴です。
にんにく料理を作る際に、にんにくが小さいため皮むきに悪戦苦闘したことはありませんか?
私はあります(笑)

外国産にんにくは料理の隠し味や、調理をして使われることと思いますが、
『福地ホワイト』はそのまま食べられるくらい美味しいことで有名です。

『福地ホワイト六片種』は、約40年前に栽培が始まった寒地型の品種です。
農薬を最小限に抑え(無農薬栽培もあります)、安全性や香り、旨味と全てにおいて有名なのです♪

香りが強いにんにくは、栄養価が高いといわれています。

実際に『福地ホワイト六片種』を使用している『伝統手づくりにんにく玉』も香ばしいとお喜びのお声を頂いています。
しかも口臭・体臭にならないため、にんにくを気にせず摂れるから嬉しいとのお声も♪

日常ではなかなか摂ることのできない良いものを皆様にぜひ♪

『福地ホワイト六片種』のにんにくサプリはこちら

にんにくの匂い

青森産にんにく最高級品種ブランドにんにく『福地ホワイト六片種』

にんにくの匂い

にんにくは、皮をむいたり切ったりすることで匂いを発しますよね。
匂いの原因は、土の中に埋まっているとき外敵から自分の身を守る為、外部からの刺激を受けたら強力な匂いを発するようになっているためなのです!
にんにくの成分のアリシンは、体内に取り入れることで再度分解されアリルメルカプタンと呼ばれる物質になって、口臭となります。
しかし、このアリシンこそがにんにくの栄養の源なのです!

においの成分アリシンと効果

アリシンとは、強い抗菌・抗カビ作用をもつ化合物です。また、にんにくを煮たり炒めたりしたときの臭いの元(口臭・体臭)となる化合物でもあります。
アリシンは、にんにくを刻んだり傷つけると、酵素アリナーゼの作用により化合物アリインから変換される化合物であり、たんぱく質を構成するものとは異なる種類のアミノ酸です。

それでも気になる匂いには?

『伝統手づくりにんにく玉』では、じっくりじっくり長い時間をかけて熱を通します。
このにんにくの特有の匂いは、にんにくに含まれるアリインがアリナーゼという酵素に反応してアリシンになる際に生まれます。
このアリナーゼという酵素は熱に対して非常に弱く、ボイルしたり、焼いたりすると、アリナーゼは働きを失なうため、アリインはそのまま残っていてもニンニク臭は発生しません。
そこでにんにくを切ったり潰したりする前にじっくり時間をかけて加熱することがにんにくの臭いを消す一つの方法といえます!
そうすることで口臭・体臭を気にせずにんにくを摂ることができます。

一緒に摂ると匂いが気にならない飲み物・食べ物

それでも気になる!という方は、一緒に牛乳など乳製品を飲むと良いといわれています。
これは、乳製品に含まれるたんぱく質や脂質がアリシンを包み込んでくれるため匂いの素を封じ込めてくれるからです。
さらに食べ物で一緒に摂ると良いと言われているものが『伝統手づくりにんにく玉』でも使われている『長命草』です。
『長命草』とは、ケール、明日葉、桑葉、クマザサ(熊笹)などといった青汁に使われる同じ野菜のことです。
『長命草』には、食物繊維、カルシウム、鉄分、ポリフェノールなどが含まれる栄養の高い草で、桁違いに強い抗酸化作用があり、消臭作用があるといわれています。

飲んでも口臭・体臭にならない!青森産にんにくサプリはコチラ

にんにくの栄養盛りだくさん!

青森産にんにく最高級品種ブランドにんにく『福地ホワイト六片種』

にんにくの栄養成分

にんにくは60%以上が水分で、主要な成分は30%含まれる炭水化物です。
その為、100g当たりのエネルギーは138kcalと野菜にしては高めなのです。
野菜では珍しく、タンパク質が多いのも特徴です。

にんにくの成分表

五訂日本食品標準成分表より引用(可食部100g当り)

成分
水分(g)65.1
たんぱく質(g)6.0
脂質(g)1.3
炭水化物(g)26.3
灰分(g)1.3
ナトリウム()9
カリウム()530
B1()0.19
B6()1.5
C()10
水溶性食物繊維(g)3.7
不溶性食物繊維(g)2.0

にんにく(ニンニク、大蒜)の効能

にんにくといえば、疲労回復やスタミナのつく食材として有名ですが、その他にもダイエットやアンチエイジングといった女性に嬉しい成分が含まれているといわれています。

風邪

にんにくの匂い成分のアリシンは風邪の予防に良い成分だといわれています。
アリシンは免疫作用を増強させることでウイルスと戦う体の機能を助け、また、にんにくは血液の循環を良くし血液で栄養素の運搬を円滑にしてくれます。
そして、にんにくにはビタミンCも含まれているため、ビタミンCの抗酸化作用により活性酸素が除去され、さらに免疫力を高めることで、風邪の予防の強い味方でもあるのです。

高血圧と血液サラサラ

にんにくの有効成分である硫黄化合物には血液の流れをうながす作用があります。
血液をサラサラにするとともに動脈を広げることで血流が良くなり、さらには血小板の粘着力を弱めることが血液の流動性を高め血管の中を血液が通りやすくし、血圧を下げることができます。
また、血中コレステロール値を下げる効果も期待ができ、血液を健康にすることで様々な生活習慣病予防に効果的といわれています。

冷え

多くの女性を悩ませる冷え性。冷え性の原因のひとつに血行不良があります。
にんにくには抹消の血管を拡張させる血行促進の働きがあり、からだの隅々まで血液が行き渡る事により、手足など末端の冷えを改善し、冷えからくる頭痛や肩こりを改善する働きがあるといわれています。
また、にんにくに含まれるスコルジニンという成分には、新陳代謝を活発にし食べ物を十分に消化吸収し血行をよくする働きがあります。

血行促進

血流が滞ると代謝が悪くなり血行不良で冷えや血液ドロドロの原因になります。
そこでにんにくの硫黄化合物は、血液の流れを良くする働きがあります。
血液を体中に行き渡らせることで手や足の体の末端まで血液を循環させ、体の内側から温まることができます。

殺菌

硫化アリルは強い殺菌効果があり、体内に侵入したウィルスを退治してくれます。
また、にんにくの成分アリシンには、コレラ菌・チフス菌・赤痢菌・淋菌・肝炎ウィルス・インフルエンザウィルスなどのウィルスの殺菌に効果があります。

滋養・強壮

滋養強壮が高い根菜の中でも、にんにくは抜群の効果を発揮するといわれています。
にんにくに含まれる栄養素のほとんどが精力増強や滋養強壮と結びつきの強いものばかりなのです。
にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという成分に変化します。
このアリチアミンは長い間、血液中にとどまることができるので代謝が活発になり活動エネルギーを生み出し滋養強壮作用をもたらすのです。

疲労回復

スタミナ食材として知られるにんにくは、疲労回復を促進する働きがあります。

疲労回復を強く促進するビタミンB1

にんにくに含まれるビタミンB1は、エネルギーの源です。
体を動かす上で必要不可欠な成分なのです。
しかし、ビタミンB1は吸収されにくく体内に留めることができない為、本来ならば常に一定量のビタミンB1を摂取しなければいけません。
そこで、にんにくに含まれるアリシンがビタミンB1と結合しアリチアミンとなることでビタミンB1の吸収力を高めることはもちろんのことエネルギー貯蔵も可能にしてくれるのです!

ストレスによる疲労を軽減

現代社会で生きる上で逃げては通れないストレスには、紫外線や排気ガス、食品添加物、喫煙、過度な運動、精神的ストレスなど様々です。
このストレスは、酸化ストレスと呼ばれ体内に活性酸素が発生することが原因で生まれます。
酸化ストレスを取り除くには抗酸化作用のあるものを摂らないといけないのですが、にんにくにはその抗酸化作用も含まれているのです。

精神安定

ビタミン不足を起こすと、不安がつのり、精神の不安定な状態となります。
にんにくには、ビタミンB6という成分がありビタミン不足のサポートをしてくれます。
さらに、にんにくを加熱することでアリシンが分解されアホエンという物質に変化します。
アホエンは脳活性化効果がありうつ病にも効果的と言われています。

青森産にんにくの栄養を詰め込んだにんにくサプリはコチラ

青森産にんにく『福地ホワイト六片種』〜最高級品種ブランドにんにく〜

青森産にんにく最高級品種ブランドにんにく『福地ホワイト六片種』

『伝統手づくりにんにく玉』は、昔ながらの鹿児島県薩摩地方の伝統的な手作り製法で、じっくりじっくり熱を加え長い時間をかけて作っています。
「これを飲んだら絶対、元気になれる!」と笑顔のお客様一人一人を思い浮かべながら。
『伝統手づくりにんにく玉』のにんにくが、どんなにんにくなのかお客様に知っていただきたく今回、にんにくについてご紹介いたします!

青森産にんにく

青森県は日本一のにんにくの産地であり、国内産にんにく生産量の約70%を占めています。
生産量が多いだけではなく、青森県で栽培されているにんにくは大玉で色は白く、また辛みよりも甘みが強いのが特長で、青森県産は味も抜群に美味しいと言われています。

なぜ青森産にんにくは美味しいの?

青森県産にんにくは、粒が大きく、きれいな白で、コクや甘みもあり糖度が高く安定した美味しさがあります。
にんにくは冬の間雪の下で糖度を蓄え、春の雪解けと共に糖度の高く風味豊なにんにくとなるのです。
青森県ならではの北国ならではの寒さと、越冬のための期間こそが影響していることがわかりますね!

最高級品種のブランドにんにく『福地ホワイト六片種』

青森産にんにく福地ホワイト六片種

福地ホワイト六片種とは、にんにく生産量日本一である青森県で栽培されている、にんにくの品種のひとつです。
一片が大きく、色は雪のような白、実が引き締まっており、味も濃厚で栄養がぎっしり。
原産地である青森県福地村(現 南部町福地地区)、そして雪のような美しい白さから『福地ホワイト』と名付けられました。
日本を代表する最高級品種のブランドにんにくです。

青森産にんにく「福地ホワイト六片種」を使っているにんにくサプリはコチラ

関連記事はこちら

ページトップへ